キャリアウーマンの彼女が援助してくれるワケ

お勧めの逆サポ掲示板まとめ

ランキング1位逆援助交際サイト人気№1
会員数★★★★★
運営歴★★★★★
有名度★★★★★
料金無料
ランキング2位逆援助交際サイト人気№2
会員数★★★★☆
運営歴★★★☆☆
有名度★★★★★
料金無料
ランキング3位逆援助交際サイト人気№3
会員数★★★☆☆
運営歴★★★☆☆
有名度★★★★★
料金無料

出会い系サイトで知り合った29歳のキャリアウーマン。職場ではかなりの地位にまで登りつめているようだった。やがて彼女とは直接会うようにもなった。確かに彼女はいかにも「仕事の出来る女」といった風貌であった。

彼女と会い出してから、3回目のデートの時に、どちらが誘うでもなく自然な流れでホテルへ行った。そして、この日以来彼女とはセフレのような関係が続いているのだ。

俺の仕事は無名のフリーライターという、社会的地位も収入面も彼女より遥かに低い不安定な立場。だから、正直に「今月は経済的に苦しくて、ちょっと会えないかも知れない」と断りを入れる事もあったのだ。

すると、何と彼女は食事代やホテル代なども自分持ちで俺を誘ってくるようになった。もちろん俺は、「そんな事してもらっては悪い」と断るわけだが、彼女はその俺の遠慮を頑なに拒み、熱烈に会いたいと言ってくれるのである。しかも、時には「今月苦しいんだったら、少ないけど足しにして…」と俺に数万円入った封筒を手渡してくる事まであった。

俺はある日、彼女の行動があまりにも不可解に思い、「何故、こんな逆援助のような事までして俺に会ってくれるのか」と聞いた事がある。すると彼女はこのように打ち明けてくれるのであった。

仕事の中で出会う男は、結局同業者だったり、ライバル企業の人間だったりで、親しくなってもどこか気を許せないところがある。それに自分自身も仕事に私情を挟みたくないという思いが先に立ち、親しくなった男性に今ひとつ踏み込めない。

それに全く自分の仕事に関係のない相手でも、ビジネスマンの場合だと、一緒にいてもつい仕事の話しをしてしまったり、自分のビジネス手腕をひけらかしてしまったりという、自分のイヤな面が出てしまう。

しかし、俺だと、全く畑違いの立場の人間なので、仕事の事から完全に解放され、学生時代の恋愛気分でいられる。だから、逆援助もしてあげたくなるのだという事であった。

「女が男に貢ぐのは当たり前」と思っている彼女

僕は今20歳の女の子とセフレとして付き合っています。しかも、逆援助してもらっているんです。でも、はじめから逆援助なんて狙っていたわけでも、期待していたわけでもありません。本当にたまたまなんです。

彼女と出会ったのは出会い系サイトでした。彼女というよりセフレが欲しくて女の子を探していたのです。そして、20歳のキャバ嬢と知り合い仲良くなりました。それが彼女だったのです。

彼女と交際が始まったわけですが、妙なことに、僕が何かを求めたわけでも何でもないのに、彼女は僕と会うと食事代を出してくれたり、時には帰り際にお金を手渡してきたりしました。しがないサラリーマンの僕よりは彼女の方が高収入を得ているのは確かですが、それにしても何故そんな事を…?

彼女と交際を続け、お互いの事をいろいろ知り合っていくうちに、それは判明しました。彼女は18歳の頃から水商売を始めました。周りの友人も当然そういった同業者の女性ばかり。そして、周りの女性は皆競うかのように、ホストにハマり貢いでいたそうです。

そんな環境の中、彼女もホスト通いするようになっていくわけですが、18歳からそのような男性経験しかしてこなかったので、男と付き合う場合、「女が男に貢ぐ」というのが、当たり前の事と思い込んでいるようなのです。

僕は今、彼女に「一般的な恋愛は、女が男に貢いだりはしないものなんだよ」という事を気付かせてあげようか、このまま貢がせ続けようか、迷っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ